ミュージカル本編内ダンス振付指導、演出 に 檀ひとみ さん 参加決定

ミュージカル本編内ダンス振付指導、演出 に 檀ひとみ さん 参加決定です。
今年のチャレフェス文化祭2020 未来を オリジナルミュージカル「7つの光 EPISODE 0 (ZERO)」は、演技・ダンス・歌唱…、ところどころ細部にわたり本格的に製作されています。
本VR/ARオリジナルミュージカルの見せ所、醍醐味の一つに壮大なダンスシーン、様々な障害当時者と出演者で一緒に創る大演舞は、本家本元の宝塚歌劇団ならではの振付と世界観を創造・演出します。 前代未聞のダンスと表現をご覧下さい。(お楽しみに)

檀ひとみ プロフィール
宝塚歌劇団•劇団四季出身。 宝塚時代は月組娘役として活躍。 新人公演では『ME AND MY GIRL』サリー役(相手役 天海祐希)・『哀愁』マイラ役(相手役 涼風真世)、バウホール公演では『ロータスの伝説』『青春の旋風』他数々のヒロインを演じる。
劇団四季では『美女と野獣』初演に出演。 現在は、宝塚 OG 公演・ディナーショー・ハウステンボス歌劇団の構成・演出・振り付け、ミュージカル・イベントショーの振り付けで活躍。 ハウステンボス歌劇団での自身の作品、和物ミュージカル『千年桜雅』は好評により約1年間のロングランとなり、ハウステンボス2017年度最優秀作品賞・演出賞を受賞。
2018年には、一般社団法人日本ジャズダンス芸術協会35周年記念特別公演第二部の構成・演出・振り付けを担当。新国立劇場中ホールにて上演。
この他、 ・一般社団法人 日本ジャズダンス芸術協会常任理事 ・ホリプロインプルーブメントアソシエーション ダンス講師 ・日本橋女学館高等学校 芸術進学コース演劇研究系列 ダンス講師 ・DAN JAZZDANCE STUDIO 主宰 ・歌劇ザ・レビューハウステンボスでは5作目となるミュージカル&レビューショー『Happy Ending Story 〜おかしな二つの恋物語〜』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問い合わせはこちら

お問い合わせ