チャレフェス文化祭2019 未来へ 御来場の皆さまへ 理事長 齋藤匠 より

 このたびはチャレフェス文化祭2019をご高覧いただき誠にありがとうございました。
 18日のファッションショーではショー初挑戦の方を含む障害当事者を中心としたモデルが、活き活きとランウェイを歩きポーズを決めてくれました。
 19日のファッションショーではプロモデルが、伝統工芸である丹後ちりめんドレスをまとい、豪華絢爛な日本の伝統美を見せてくれました。
 その他、オープニングアクトでも障害当時者を中心としたアーティストが持ち前のパフォーマンスで会場を沸かしてくれました。 エンドムービーでは、重度心身症の子供のママたちが親子笑顔で歌う姿に、会場ではすすり泣きが聞こえてきました。
 そしてオリジナルミュージカル「Alive2019 」では、半年間の稽古を経て様々な特性を持つキャストが本当に熱演してくれました。 みなさま、如何でしたでしょうか? 我々の存在と想いと能力を感じて頂けましたでしょうか? 貴方様の心に何か、わずかでも、残っているものがあれば、ぜひ周りの方にもお伝え頂ければ誠に嬉しい限りです。 
 
今後とも3つのチャレンジ、
1.エンタメの力で共生社会を創り世界平和に貢献するチャレンジ
2.プロ志向、メジャー志向、プラス思考で自立していくチャレンジ
3.みんなが太陽となって周りを明るく照らしていくチャレンジ
に出演者・スタッフ、一丸となって邁進していく所存です。

 引き続き、応援・支援の程を宜しくお願い申し上げます。 なお我々の活動に、何らかの形・役割をもって参加されたい方、されたい知人・友人、 いらっしゃられましたらぜひ仲間入りしてください。 宜しくお願い致します。
NPO法人チャレンジド・フェスティバル 理事長 齋藤 匠

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問い合わせはこちら

お問い合わせ