SDGsへの取り組み

チャレフェスSDGsとは(国連SDGs2030アジェンダより)
◎あらゆる形態の貧困に終止符を打つことが狙い
《不平等と戦い気候変動に対処しながら、誰も置き去りにしないことを確保するための取組推進》
 ◆3つの側面 ①経済成長 ②社会的包摂 ③環境保護
  ※社会的包摂とは(英:ソーシャルインクルージョン)
    社会的に弱い立場にある人々も含め、市民ひとりひとり、排除や摩擦、孤独や孤立から援護し、社会の一員として取り込み、支えあうという考え方(⇔社会的排除)
 ◆5つのP(17目標の分類)
  ①人間(People) 1.2.3.4.5.6
  ②豊かさ(Prosperity) 7.8.9.10.11
  ③地球(Planet) 12.13.14.15
  ④平和(Peace) 16
  ⑤パートナーシップ(Partnership)17

直接的な取り組み(1.3.4.5.8.10.17)
1.貧困をなくそう
あらゆる場所で、あらゆる形態の貧困に終止符を打つ
⇒SDGsの絶対的第一目標 すべての目標がここからスタート(チャレフェスの目標もここが起点となる)
◎活動参加者の一人一人が自立・自律することを目指した活動内容とします

3.すべての人に健康と福祉を
あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する
 ⇒エンタメ活動が精神の健康を良い状態にする
◎チャレフェス・アカデミーのエンタメ的ワークショップが自律を育みます

4.質の高い教育をみんなに
すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する
⇒エンタメ活動が学ぶ意欲と達成感を向上させる
◎チャレフェス・アカデミーのエンタメ的ワークショップが新たな能力を開発します

5.ジェンダー平等を実現しよう
ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る
⇒エンタメ活動で女性が同等以上に輝けるよう、ジェンダーを活かしたステージを用意する
◎チャレフェスすべての活動が女性にも平等に向上機会を持ってもらいます

8.働きがいも経済成長も
すべての人々のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完成雇用およびディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)を推進する
⇒エンタメ活動で生きる力がアップ、エンタメ活動が収入となっていく
◎チャレフェス・ミュージカル劇団員は報酬をもらったうえで表現活動を行います

10.人や国の不平等をなくそう
国内および国家間の不平等を是正する
 ⇒エンタメ活動で実感ともなう平等な世界を提供
◎チャレフェスすべての活動において合理的配慮と情報保障を徹底します

17.パートナーシップで目標を達成しよう
持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する
 ⇒エンタメ×障害福祉活動が恒常的に行えるインフラ整備(パラリンピック的エンタメの祭典)
 ※政府、民間セクター、市民社会間のパートナーシップ、さらにグローバル/地域/国内/地方、各レベルでのパートナーシップが必要
◎チャレフェスすべての活動において連携を呼びかけ具体的に提携して進めていきます

間接的な取り組み(2.6.7.9.11.12.13.14.1516)
2.飢餓をゼロに

6.安全な水とトイレを世界中に
※毎年数百万人が水不足と劣悪な衛生状態での疫病で死亡

7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに

9.産業と技術革新の基盤をつくろう

11.住み続けられるまちづくりを

12.つくる責任つかう責任

13.気候変動に具体的な対策を

14.海の豊かさを守ろう

15.陸翔豊かさも守ろう

16.平和と公正をすべての人に

◎SDGsの精神を世界中に【エンタメ×障害福祉の力】でメッセージとして広める映画「七つの光」のストーリーに
それぞれをテーマとして盛り込んでいく

お問い合わせはこちら

お問い合わせ